クヂラモ雑記

イラストレーターこうのみほこの雑記
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
子どもと工作


YouTubeばっかり見ているのも良くないらしいので、工作に励んでいます。

これは手作りスノーボール。

うちの子、キラキラ光るものが好きです。

昔、便箋などの仕事で集めたビーズやスパンコールを、大盤振る舞いしています。

作品ファイルを作っています。

久しぶりに作品ファイルをつくっています。

もしもご所望いただける方がいらしたら、

ご一報いただけると嬉しいです。

(すみません。お仕事の関係の方に限らせてください)

昔ながらの紙のファイルと、デジタルはPDFのホルダーになるかと思います。

奮ってどうぞ!

相変わらずです。

保育園を卒園したら送り迎えは終了・・のつもりでいましたが

相変わらずです。

まぁ、大幅に近くなったし、朝は隣接する公園までで老犬の散歩を兼ねているけど。

 

「ユーチューブばっかり見てないでニュースも見ようよ」

とチャンネルを回すと、

「これは今の時代のことじゃないよね?」

と怯えた顔で聞かれてしまう。

 

「ぼくが生まれてきたわけ」池川明 著

 

「ぼくが生まれてきたわけ」KADOKAWA

産婦人科医で、胎内記憶についての本をたくさん書かれている池川明先生のご著書です。

子どもは、お母さんを、自分の人生を選んで生まれてくること。

この世界での生は遊園地のアトラクションのようなものだと。

一度終えても、また生まれ変わるのだと。

やさしく読みやすい文体で書かれています。

 

 

表紙は高橋和枝さん

第1章が絵本仕立てで、14見開きの絵を描かせていただきました。

 

 

 

 

 

 

引っ越しをしました。

引っ越しをしました。

ようやく全部の段ボールが開きました。

 

昨年の夏からずっと、大変だったー

と、過去形にして振り返ることができるのは

なんて有難いことだろうー。

 

アトリエがリビングと近くなって、

子どもとアトリエで遊ぶことが増えたのも嬉しいです。

アトリエ移転のお知らせ。

久しぶりの投稿で恐縮です。

 

来週、10月16日から20日まで、

アトリエ兼自宅の移転のため、お休みします。

 

どうぞよろしくお願いいたします!

仕事

縁あっていただいたお仕事の14枚の絵が

そろそろ終わってしまいます。

寂しいです。

もっとずーっと描いていたかった。

 

仕事は、とりかかったばかりの頃には

「描いても描いても終わらない・・・」

なんて不遜なことを思ったりもしますが、

終わってしまうと、元には戻れなくて寂しいものです。

いや、時々は、描き終えたのになかったことにして

新しい画用紙を取り出したりもますがー。

ホームページのこと2

クヂラモ工作室のホームページの更新ができなくなってしまったので

どうにかしたい・・・

と、新しいサイトをつくろうか・・・

と、しましたが、それはあきらめようかと思うのです。

 

このページにちょこちょこ書いてゆこうかと思うのです。

ホームページのこと

クヂラモ工作室のホームページはfreeway というソフトを使って作っていましたが

http://kudiramo.a.la9.jp

2〜3年くらい前からアップデートが出来なくなってしまいました。

なんとかしたい、と他のソフトを試して、

wordpress というのに行き着いたのですが、

これだとURLも変えないといけないのです。

http://kudiramo.main.jp

 

なので、今はクヂラモ工作室が二つあるのですけど、

これはどうしてゆくのが良いのでしょうか。。。。

卒園ソング集のイラスト

もうじき卒園シーズンです。

 

卒園式でママたちは泣いてしまうんだそう・・・

と聞いて、びっくりしていましたが、

今では、来年のうちの子の卒園を想像するだけでうるうるしてきます。

年齢のせいで涙もろい、だけのことかもしれませんが・・・。

 

それはともかく、卒園ソング集のイラストを描かせていただきました!!

 

(PriPri 2月号/世界文化社)

PriPri公式サイトも楽しいです!

 

(本誌ではこれは2色になりました)

 

 

 

↑「大きな木」のイラストです。画力がないのに、難しい構図に挑戦しました。このまま通してもらえて嬉しいです。